Up Cycle Circular’s diary

未来はすべて次なる世代のためにある

コロナ経済対策と第3波の襲来

 

 第三波ということなのだろうか。新型コロナの新規感染者が過去最多となったという。警戒してきたが、急激に増えていると聞くと、警戒レベルを一段高めないといけないのかと考えたりする。新規感染者の数が「ゼロ」になる日を期待していたが、その期待も遠退く。

 政府には断固感染を拡大させない、抑え込むとの強い姿勢で挑んでほしい。折角、ここまでみなで積み重ねてきた努力が水泡に帰してしまう。政策の抜本的な見直しも必要になってきているのだろう。

尾身氏も会見で、感染者が急増する状況を示す「ステージ3」に当たると判断すれば「『Go To』キャンペーンは当然停止だ」として、経済社会活動全般を制限するよう政府に求める意向を表明。

「今が最後のチャンスだ」と感染対策の徹底を訴えた。 (出所:JIJI.COM)

 

www.jiji.com

 

 寒い季節を迎え、室内の換気や手洗いの励行と言われても、理解は出来ても心情的に厳しいものがあるのだろう。その一方で、明るく「Go Toトラベル!」みたいなCMが流れてくるとただ残念に感じる。時宜を得た対応ができないのだろうか。業界の良心、良識が問われてたりはしないだろうか。自分自身の問題と考えて、冷静に対処して欲しいと願うばかりだ。

 

 

 

 イオンの新店舗はニューノーマル「新しい生活様式」を意識する

  イオンが新型コロナの感染拡大を受けた「新しい生活様式」の浸透を見据えた店舗を出店するという。11月21日に埼玉県ふじみ野市オープンするイオンタウンふじみ野は、「Well-Being Community」をコンセプトにし、健康的で豊かなくらしに寄り添い、地域の賑わいに寄与することを目指しているという。

「新しい生活様式を意識し、買い物の際の店員や他の客との接触をなるべく抑えるサービスを重視している点だ。

ネットスーパーで注文した商品を置いておくための、冷凍、冷蔵、常温に対応したロッカーを店舗の外に設置するほか、イオンタウンふじみ野では、車に乗ったまま商品を受け取ることができる専用レーンも設ける。

 スーパーでレジに並ばずに会計ができるシステムも導入する。客が商品のバーコードをスキャンしながら買い物し、専用端末で支払う仕組みだ。両店とも換気を徹底するとともに客数を常時把握し、場合によっては入場制限も行う。 (出所:SankeiBiz

 

www.sankeibiz.jp

 

 こうしたイオンの取り組みは、新たな「公衆衛生」の姿なのかもしれない。こうした取り組みを伝え、同じよう店舗が増えていけば、自然と顧客の意識に変化が芽生えるかもしれない。無意識的にソーシャルディスタンスを保とうとするようになれば、感染予防に役立つ。

 SankeiBizによれば、イオングループ関係者は「接触を抑える新しい買い物のスタイルを受け入れる人は増えるだろう」と期待を込めているという。

 

 

 

感染防止と「Go Toキャンペーン」

 星野リゾートの星野代表が、政府の観光支援策「Go Toトラベル」について、制度設計を見直すべきだと産経新聞とのインタビューで述べたという。もともと需要が見込める連休などを対象から外し、観光地の過度な混雑を防ぐ必要があるとしたという。

星野氏は、テコ入れしなくても客が見込める土日や連休はキャンペーン対象から外すか、還元率を10%に下げるべきだと提案。「需要が平準化され(土日などの)『3密』も避けやすくなる」とした。 (出所:産経新聞

 

www.sankei.com

 

 危険が過ぎ去ったことに気づけば、人は誰もが移動を始めたりするのだろう。何も特別な喚起策は必要はないのかもしれない。星野代表も指摘しているが、そうした施策が「3密」を生み出す機会になっているのであれば本末転倒なことなのだろう。

 あまり過保護な政策はいかがなものか。

 星野代表も、「地域差はあるものの「Go To」の押し上げもあって、9月以降は昨年業績を上回る施設もある」とインタビューで述べたうえで、「政策そのものや、政府内に浮上している、来年1月末までの事業の期間を延長する案は歓迎する考えを示した」という。

 それはそうであろう。この機に乗じてという心理が起きても不思議ではない。前年実績に近いところまで回復してきているのであれば、もう出口を考えるべきではなかろうか。制度を悪用する輩のニュースもたびたび聞くようになってきた。

 

 「過ぎたるは猶及ばざるが如し」。過剰も不足もどちらもよくない。頃合いが大切だということだろう。まして、感染防止が内閣の最優先課題といい、「自助、共助、公助」が目指す社会の姿といっているのだから。このままでは齟齬が生じかねない。

 

f:id:dsupplying:20201113123309j:plain