Up Cycle Circular’s diary

未来はすべて次なる世代のためにある

【SDGsと経済再生】国は企業が悪いと疑い、企業は国が悪いと思う

SDGs 持続可能な開発目標の国連採択から25日で7年経ったといいます。『誰一人取り残さない』と謳い、2030年の世界が目指す姿を示しています。しかし、 新型コロナの流行やウクライナ危機の影響もあって、達成には困難さが増しているといいます。 SDGs「日本…

【時間の価値】時短、倍速、タイパで、時間という資源を有効活用できているか

時間ほど貴重な資源はないといいます。「時が解決してくれる」といい、難題でさえ、時間が解決してくれるのですから、効率的に時間を使うことにこしたことはないのでしょう。 倍速視聴 ファスト教養 即断してブレない まとめ 「倍速」による時間効率を重視す…

【生物多様性と脱炭素】不耕起栽培に見る自然との共生、ビジネスにも求められるその意義

カーボンニュートラルを国が宣言して、脱炭素が動き始め、それと同時に気候変動にも関心が集まるようになりました。しかし、この問題が一朝一夕に解決されることはないのでしょう。 気候変動の議論が始まったのは30年前の「地球サミット」からといわれます。…

【経済安全保障に増える課題】ダイキンのサプライチェーンに見直しと技術開発

「経済安全保障」、今の国際情勢からすれば避け得ないのでしょうが、そうかといって緊迫化した情勢をそのまま放置することがあってはならないとも感じます。しかし、準備はでき得る限り進めておいた方が良いのかもしれません。 ダイキン工業が中国製部品が無…

【バイオエコノミー】米国が成長戦略とする理由、日本はどうするのか

米国で、バイオ経済が好調といいます。食品における代替肉を筆頭に、バイオプラスチックス、コンクリート、衣類など、ありとあらゆる分野のバイオ製品が、続々と市場進出しているといいます。これらを支えるため、バイデン大統領が「全米バイオテクノロジー…

【気候危機を感じる夏】過ぎ去った危険な台風と豪雨対策、不可避な脱炭素

危険な台風といわれた14号が列島を縦断しました。記録的な大雨を記録し、各地に被害をもたらしました。危険な台風といわれた割には被害が小さかったのではないかと感じます。 この件について、「過去最大となる123のダムでの事前放流などが効果を上げたもの…

【地球を守る】着実に進むアップルの環境対応、見えないところで始まる新たな挑戦

米Appleが今年もまた新しいiPhoneの販売を始めました。新しい機能に新しいデバイスの採用などでさらに進化して、その人気に翳りがないようです。 Forbesによれば、米国でもiPhoneのシェアがAndoridスマートフォンを上回ったといいます。世界各国で行っている…

【地球を守る】パタゴニアのミッションは実現に近づいているのだろうか

アウトドア企業 パタゴニアがビジネスを始めてから50年近く経つといいます。創業者のイヴォン・シュイナード氏が株式を手放し、この先パタゴニアは新たな形態で経営されていくそうです。 「営利企業として資本主義が地球の役に立つことを証明する」 この意義…

企業の脱炭素、業界団体が準備を進めるGHG排出量算定ツール

政治が混乱し、政府、行政への疑念が生じます。政策のすべてが間違いということはないのでしょうけれども、信頼が揺らぎます。国民の声を蔑ろしていて、顕在化する危機に対応できるのかと不安を感じます。 今冬の電力需給の問題、今後のエネルギー価格や食糧…

【気候変動】国とは違い過ぎるパタゴニア創業者の信念~その対策のために株式を手放す

「足元の円安に歯止めをかけるために財務省は直接介入も辞さない構えを示しましたが、安定的な成長と物価上昇を目指す中で日本のちぐはぐな政策がさらなる円安をもたらす可能性がある」とブルームバーグが指摘しています。 ちぐはぐな日本の政策スタンス、介…

ユニクロが欧州でリペアやリメイクサービスを開始、よき習慣が目標を達成に近づけるのか

国政が混乱し、様々な事案が解決されずに放置されるのではないかと危惧します。脱炭素もそのひとつではないでしょうか。 「COP27」国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議がエジプトで11月に開催されます。その準備はどうなっているのでしょうか。 国際情勢…

【景観を保ってこその環境配慮】無秩序な太陽光発電の乱開発に歯止めを

カーボンニュートラルという新たな価値観によって、気候変動に歯止めがかかり、なおかつ産業界が活気づけば、それはそれでよいことなのかもしれません。しかし、それによって、頻発するようになった異常気象による災害の脅威になるようであれば、許しがたい…

【視座を変える】なぜ躓くのか、何から手を付けてわからない脱炭素

国がカーボンニュートラルの目標を設定して、脱炭素が一気に動き出したではないかと思ったのですが、必ずしもそうではないのでしょうか。 「サプライチェーンにおける脱炭素も図る」といって多くの企業がチャレンジしているかと思いきや、現実には、「報告書…

【求められる学び直し】問われる存在意義、今何を学ぶべきなのか

価値観の転換期なのだろうかと感じます。利益重視の株主第一主義からステークホルダー資本主義が説かれるようになり、より公益を重視するようになってきたのでしょうか。企業ではパーパス経営が求められ、自分たちの存在意義を明らかにし、社会にどう貢献し…

【脱炭素に食の安全保障】誰もが参加できる農業、そのために活用されるAI人工知能

年々激化する異常気象を経験しては、気候変動を憂慮します。気候変動の緩和と適応が求められ、どの課題も重要性が増すばかりで、それぞれに迅速な対応が必要になっているのでしょう。 これに昨今の国際情勢を加味すれば、農林水産業などの重要性がますます高…

【バイオエコノミー】バイオコンビナート構想、微生物が生み出す未来の資源

微生物などのはたらきによる発酵で、食品や酒、薬などが作られてきました。先人たちの知恵に敬服せざるを得ません。微生物のもつ不思議な力を発見し、その中から優れた微生物を選び出し、育てては選別するという品種改良を繰り返してきたといいます。こうし…

【バイオエコノミー】森林から考える脱炭素と循環型社会

脱炭素によって、木の価値が見直されているのでしょうか。木造ビルがあちらこちらで建設されるようになり、木の成分であるセルロースを活用した素材開発、またその商品開発も活発のようです。バイオマス発電の利用拡大もその一部といっていいのかもしれませ…

円安、脱炭素に電力需給、後手に回っては求められる挽回策

また円安が加速し始めているようです。政府・日銀の対応に手詰まり感を見透かしたような動きも出てきているといいます。 円は対ドルで143円後半、米金利低下で円安一服-海外で一時145円迫る - Bloomberg 一方、鈴木財務相が、足元の動きが急速で一方的との…

@コスメがアマゾンを選んだ理由、巨大テックと国内プラットフォーマーはこんなに違うのか

日本最大級の化粧品・美容総合サイト「@cosme(アットコスメ)」を運営するアイスタイルが米アマゾンと資本業務提携を締結したといいます。様々な見方をメディア各社が報じています。 アマゾン、アットコスメ運営のアイスタイルと資本業務提携…化粧品の実店…

これで先進国なのか、50年超の老朽石炭火力を使い続けざるを得ない現実

ひと夏をやり過ごすたびに、世界各地でおきる異常気象に驚きます。今夏も様々な現象を目の当たりにしてきました。如実に気候変動が進んでいるようです。 スイス氷河、85年間で半減 温暖化影響しペース加速 | 共同通信 局地での温暖化は著しく、今年三月には…

脱炭素とコストダウンは両立するのか、花王の循環型折りたたみ式コンテナでの納品

販売先の店舗で商品の梱包に使われている段ボールを、繰り返し利用可能な折りたたみ式コンテナに変更する実証実験を、花王がコストコやホームセンターのカインズで行っているといいます。 日用品メーカー続々と「脱炭素」に挑む切実な理由 | 専門店・ブランド・…

マーケティングの父が語る「脱成長」、エシカル消費に変化も

エシカル消費の認知度が上がってきているそうです。しかし、その価格はまだ割高で、質を落としたくないという顧客ニーズに応えながら、今ある製品・サービスをエシカル消費にすることはできるだろうかと、日本経済新聞は疑問を投げかけています。 エシカル消…

原発の新増設は必要なのか、建設進む蓄電所、テスラの宮古島のVPPが国内最大級に

ロシア軍が占拠しているウクライナのザポリージャ原発にIAEA国際原子力機関のグロッシ事務局長と調査団が入ったといいます。グロッシ氏は視察など数時間行った後、現地を退去したといいますが、専門家2名を原発の安全を確保するため、現地に常駐させる方針と…

なおざりにされた人権問題、間近に迫る「選ばれない国」

気候変動に、感染症対応、政治の役割がこれまで以上に求められているのに、国会は開かれず、何ごとも閣議決定で決まってしまいます。これでは、どこかの国が大統領令を乱発するのと変わらず、民主主義なのかどうか疑わしいと感じてしまいます。 国が揺れ、混…

【アート&サイエンス】不確実で混迷する社会を生き抜くために求められる素養

米国では、注目されたFRBのパウエル議長のジャクソンホールでの講演が終わり、大方の期待が裏切られたようです。パウエル議長は利上げを継続する姿勢を鮮明にし、記録的なインフレを抑え込むための金融引き締めについて「やり遂げるまでやり続けなければなら…

過熱する気候テック、みなが熱望するソリューション、人材の移動が始まる

米シリコンバレーの「グリーン化」が加速し、気候変動ビジネスの「最前線」となりつつあるといいます。 Newspicksによれば、世界の気候スタートアップ総数は現在2752社、このうち497社がシリコンバレーのあるカリフォルニアの企業といいます。求人数が急増し…

【脱炭素】なぜ再エネ開発計画の撤回が相次ぐのか、意識してみたいアート&サイエンス

希少な動植物が生息していたり、原生林が残っていたりするなど、生物多様性の保全に貢献していると認められる森林や里山などを所有する民間事業者を対象に、不動産取得税や固定資産税などを軽減することを環境省が検討していくことになるといいます。 生物多…

【劣化する日本】多様性を認めあうことはあるのだろうか

「日本終了」と警鐘を鳴らす投資家のジム・ロジャース氏が、「月まで届きそうなほどの債務額の増大」、「世界一のスピードで進む少子高齢化」、移民を受け入れない、存在価値が薄れたゾンビ企業を延命させ、規制緩和をしない「保護主義」などが20年後に日本…

【止まらない気候変動】暑すぎた夏、大雨の日本、干ばつの欧中

今夏、日本では記録的な猛暑と大雨でしたが、欧州では熱波が続き、水不足による干ばつの危険にさらされているといいます。 欧州委員会の欧州干ばつ観測所が8月報告を公表し、「欧州のほぼ全ての河川が何らかの形で水位が下がり、一部は干上がっている」と指…

異常気象、避けられない脱炭素、EVシフトに変化の兆しか

今夏の記録的な猛暑と大雨を「異常気象」だったと気象庁が見解を示したといいます。また、その説明の随所には「気候変動」との関連を示しています。 6月下旬から7月初めの記録的な高温及びその後の天候の特徴と要因について~異常気象分析検討会の分析結果の…